毎週<月曜>更新!
徳島の地域プランナー・
作家 "原田たけし"の

徳島発 ☆トク
するメルマガ!

「三円小説2 〜10秒後に喜怒哀楽〜」が 好評な
原田たけし先生。
このたび日頃のご声援に感謝の気持ちに応え、
「人間・原田たけし」をディープに知っていただき、
つながるためのメルマガを創設します。

みなさん、こんにちは。原田たけしです。
この度、メルマガを配信することになりました。
題して、「地域プランナー・作家、原田たけしの『徳島発☆トクするメルマガ!』」。
実はこのメルマガ、紆余曲折がありまして…。
それを説明する前に、まずは私の話をさせていただきます。

そもそも私は、地元徳島をなんとかしたいという思いが強く、その都度問題解決しようとしてさまざまなプロジェクトを実施してきました。
日本初の地域密着型育児情報誌『ワイヤーママ』創刊、徳島ラーメン、おむつ寿司® の商品開発、10秒で読める超短編小説『三円小説』、絵本『小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。』、ゆず味噌や阿波晩茶など、キャラクターを使ったプロモーション…。
気がつくと、史上初、業界初、型破り…。といった「初めて」の実績がほとんど…。
しかも、行き当たりばったりの思いつきにもかかわらず、それなりに成功してきました。
それに伴い、いつの間にか「地域プランナー」「三円小説家」「絵本作家」など、肩書きも増えていった。

このメルマガ、元々は『三円小説』の出版元の金風舎から、『三円小説』の売上増を目的として企画していただきました。
もちろん、私にも異存はありませんでしたので、「やりましょう!」ということで意気投合しました。

当初、金風舎も私も、「三円小説家」という肩書きを有名にすることを目的としていました。たとえば、『三円小説』を読者の皆さんから募集し、私が拝見して評価するといったことも考えていました。つまり、完全に「作家になりたい人」や「絵本が好きな人」「本が好きな人」などがターゲットだったのです。
でも、2号終わったあたりで「待てよ?」と思い始めたんです。なんだか違和感があるな、何か引っかかる…。
そこで、関係者で話し合いました。

上述のように、私の活動は作家だけじゃなく、地域プランナーとして地元徳島の産品のプロモーションや、徳島の産品を活用した商品開発などもやっています。
原田たけしの「今」に焦点を当てると、自然、作家活動以外の活動–商品開発の打ち合わせやプロモーション、マーケティングの様子などもご紹介することになる。けれど、それは作家として期待してくださっている読者の皆さんにとっては、期待はずれになりかねない。

じゃあ、そもそもなぜ「作家、原田たけし」に至ったのか。
その過程をまとめているうちに、「この過程を踏まえた、原田の『今』に焦点を当てた、活きたビジネス情報を届けることこそ読者さんのためになるし、結果、三円小説の販促につながる!」と気づいたんです。

つまり、

ビジネスの考え方やアイディアの見つけ方、ネットワークの作り方などといった、プランナーとしての日常こそ、『三円小説』にもつながっている原田の強みであり、多くの読者の皆さんのお役に立てるのではないか。

そう考えたのです。

『三円小説』を売るためにメルマガを発行するという目的自体は当初と同じですが、この『三円小説』が生み出された背景(過程)である、ビジネスに向き合う姿勢や実践を、まずは多くの方に知ってもらおう、という文脈に切り替えることになりました。
そして、結果的に『三円小説』も売れたら万々歳!

今の時代、紙の本を売るのは並大抵ではない。
原田も金風舎も、どう売るかを常々必死に考えています。

だからメルマガにも『三円小説』コンテンツを惜しみなく盛り込んでいくし、同時に、私が未知の世界に踏み出してきた実践的なマーケティング、〝活きたビジネスネタ〟を皆さんに惜しみなくお伝えします。

各号、メルマガだけのとっておきを発信します。
ご期待ください!

Takeshi Harada
prologue
メルマガだけのとっておき

Only in
this
newsletter

Mail Magazine

『徳島発☆トクするメルマガ!』

Mail Magazine

日々のストレスをほぐしながら、
エネルギーチャージになるようなコンテンツを、メルマガを通じてお伝えしたい。
そんな思いから、「地域プランナー・作家、原田たけしの『徳島☆トクするメルマガ!』」と題したメルマガをご用意しました。

原田先生が、今考えているホットな情報、
メルマガでしか読めないとっておきの情報を、惜しみなく配信しています。
Q&Aコーナーでは、ビジネスや地域活性に関する相談も受け付けます!

“毎週月曜日”に配信中です!

主なメルマガコンテンツ

Profile
原田たけしプロフィール

what up to now

原田たけし
徳島県阿波市土成町出身。
絵本作家、小説家。
株式会社ワイヤーオレンジ代表取締役社長。

2001年9月

徳島で地域密着型の育児雑誌『ワイヤーママ』を創刊し、全国9都市にフランチャイズ展開する。

2014年11月

絵本デビュー作『小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。』はAmazon総合ランキングで1位に輝き、フジテレビ『奇跡体験! アンビリバボー』、日本テレビ『世界一受けたい授業』等で「エグいのに泣ける」と特集が組まれる。全編、故郷の阿波弁で綴った絵本『ししゃもねこ:序』も、ゆる~いと人気。
2019年1月
ハンドルネーム[スダチ]として、インスタグラムに投稿を始めた超短編小説が”累計32万いいね”を獲得(2021年7月現在)するなど話題に。
2020年3月
それら短編を300話にまとめた『三円小説』家として文壇デビューを飾り、〝令和の星新一〟と呼ばれる。2022年3月にはシリーズ2作目『三円小説2 10秒で喜怒哀楽』発刊。
2020年8月

この年発刊の絵本『ゾンビハムスターねずこ』のインパクトあるビジュアルとは裏腹の泣けるストーリーと、前述の『小学生のボクは~』と合わせて、〝エグ泣き系絵本作家〟と評されている。

Chronology​

原田たけし年表

Takeshi Harada
Chronology

1998年
65_th
『徳島ラーメン』
当時、徳島にはインパクトのあるグルメがなく、四国に来る観光客のハート(胃袋)を掴めていない現状があった。 そこで思いついたのが「徳島ラーメン」。
2001年
wire_300x
『ワイヤーママ』創刊
当時、徳島にはインパクトのあるグルメがなく、四国に来る観光客のハート(胃袋)を掴めていない現状があった。 そこで思いついたのが「徳島ラーメン」。
2013年
おむつ寿司_500x
『おむつ寿司®︎』開発
熊本の版元であるギフトショップが2012年に「おむつケーキ」を開発、めちゃくちゃ売れている様子を目撃。おむつケーキは素晴らしいアイディアだが、「日本人なら、和食でしょ!」ということで、通年で人気のお寿司に行き着いた。
2014年
僕ナス_300x
『小学生のボクは、
鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。』
『ワイヤーママ』編集長時代。若いお母さん達との会話から、今の子どもたちは『叱られてない、打たれ弱い』と感じることが多かった。 芸能関係や作家の方々が次々書評やブログを執筆。…..
2020年
三円_01_300x
『三円小説』
2018年に作家1本で立とうと決めて『ワイヤーママ』を譲渡。しかし特に計画があったわけではなかった。当時、たまたまインスタやTwitterで、超短編小説を発見。『映え』の文化の中で『字』だけのものがあるのか!と驚く。 最初は見る側だったが…..
2021年
阿波番茶_300x_02
『阿波晩茶』
徳島県では古くから飲まれてきた『阿波晩茶』。乳酸発酵させている珍しいお茶で、特徴的な酸味が癖になるのだが…全国に出張行くと、誰にも知られてない(笑)。
2021年
ネズコ_300x
『ゾンビハムスターねずこ』
コロナ禍の2020年、中高生の自殺率上昇のニュースを見て、「たった2年間しか生きられないハムスターでも必死で生きている」という姿をモチーフに、子どもたちに〝生命の尊さ〟を伝えたいと思い、執筆。
2022年
sanen2_cover_300x454
『三円小説2 10秒後に喜怒哀楽』
第1弾発売より2年、多くの読者からの要望に応えて続編登場。 今回のテーマは「10秒後に喜怒哀楽」。前作より選りすぐった100話も、著者自らの解説=「こぼれ話」を1話ずつ携えて再登場…..
2022年
ゆず味噌_01_300x
『ゆず味噌』
徳島県は、柚の生産量が全国2位!中でも〝柚みそ〟は古くから食べられている伝統食である。しかし徳島県内ではメジャーでも、全国的にはまだまだ知名度が…。
2022年
ナスライス_h300x
『ナスライス®︎』
『三円小説』を執筆中の2020年に12kg太ってしまった。そこで「低糖質ダイエット」に着目するも、野菜を使用した既存の〇〇ライスは、美味しく感じられず。実験を繰り返した結果…..

You can buy
at Amazon !

Details

原田たけし年表の詳細

Chronolog Details

『徳島ラーメン』

1998年
当時、徳島にはインパクトのあるグルメがなく、四国に来る観光客のハート(胃袋)を掴めていない現状があった。 そこで思いついたのが「徳島ラーメン」。
当時編集長をしていた地域情報誌『あわわ』にて地元のラーメンを「徳島ラーメン」として定義づけし、認定されたラーメンを毎月取り上げた。
結果、多くのメディアにも取り上げられ、観光客誘致に成功。
「四国に行くなら讃岐うどん、高知の鰹のたたき、そして徳島ラーメン」という胃袋マップが定着した。

『ワイヤーママ』創刊

2001年
地域情報誌を立ち上げたいと、「あわわ」編集長を辞し独立。
徳島の未来を託せるのは「育児」と思い至り、全国初の月刊地域密着型育児フリーペーパー『ワイヤーママ』を創刊。 インターネット普及前、ママたちが欲しい地域情報は口コミのみ。
それを集結させた同誌は大ウケ。
他地域でも創刊依頼を受け、全国7県9都市で創刊、現在でも全100万部発行/月を誇る。

『おむつ寿司®︎』開発

2013年
『ワイヤーママ』のFC展開で各地を回っていた頃、熊本の版元であるギフトショップが2012年に「おむつケーキ」を開発、めちゃくちゃ売れている様子を目撃。
おむつケーキは素晴らしいアイディアだが、「日本人なら、和食でしょ!」ということで、通年で人気のお寿司に行き着いた。
「おむつ寿司®︎」は発売直後から大好評、今では「出産祝いと言えばおむつ寿司!」という定番アイテムに育っている。

『小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。』

2014年
『ワイヤーママ』編集長時代。
若いお母さん達との会話から、今の子どもたちは『叱られてない、打たれ弱い』と感じることが多かった。
そこで、自分の実体験を、誰でも読めて押し付けがましくない絵本で描こうと『小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。』を出版。

芸能関係や作家の方々が次々書評やブログを執筆。フジテレビの『アンビリーバボー』や『世界一受けたい授業』にも出演、大ヒット作となった。

『三円小説』

2020年
2018年に作家1本で立とうと決めて『ワイヤーママ』を譲渡。
しかし特に計画があったわけではなかった。
当時、たまたまインスタやTwitterで、超短編小説を発見。『映え』の文化の中で『字』だけのものがあるのか!と驚く。
最初は見る側だったが、途中で『これは書ける』と思い、執筆開始。
インスタでの小説は約7000フォロワー、累計32万いいねを獲得し、大人気コンテンツに。そこで『三円小説』として書籍化に至った。

『阿波晩茶』

2021年
徳島県では古くから飲まれてきた『阿波晩茶』。
乳酸発酵させている珍しいお茶で、特徴的な酸味が癖になるのだが…全国に出張行くと、誰にも知られてない(笑)。
そこで、全国の健康に関心のある30代~40代女性に飲んでもらおうと、阿波晩茶が大好きなライオン『茶ライオン』というキャラクターを使い、ツイッターやインスタでほぼ毎日情報を発信。

製造元の『株式会社いかわ発酵』さんの売上も伸び、SNSでは『茶ライオン』のファンも多くできた。

『ゾンビハムスターねずこ』

2021年
コロナ禍の2020年、中高生の自殺率上昇のニュースを見て、「たった2年間しか生きられないハムスターでも必死で生きている」という姿をモチーフに、子どもたちに〝生命の尊さ〟を伝えたいと思い、執筆。
絵本の中だけではなく、主人公のハムスター、ねずこが毎日SNS上に現れるプロモーションを展開。『ボクナス』とともに、見た目はエグいが泣けるということで、「エグ泣き系作家」と称される。メディアにも度々取り上げられ、ヒット作となる。

『三円小説2 10秒後に喜怒哀楽』

2022年
第1弾発売より2年、多くの読者からの要望に応えて続編登場。
今回のテーマは「10秒後に喜怒哀楽」。前作より選りすぐった100話も、著者自らの解説=「こぼれ話」を1話ずつ携えて再登場。
新作の300話を楽しんだ後、三円小説の世界をより深めるためのフォローアップ付。表紙を飾るげみ氏の書き下ろしイラストも好評。

『ゆず味噌』

2022年
徳島県は、柚の生産量が全国2位!中でも〝柚みそ〟は古くから食べられている伝統食である。
しかし徳島県内ではメジャーでも、全国的にはまだまだ知名度が…。
そこで、老若男女に愛される可愛いキャラクター〝柚リッス〟というリスが、毎日、SNSで柚みそを使った料理を発信するというプロモーションを展開。
購入者が独自の食べ方を提案したり、販売店として扱いたいという問い合わせがあったりと、手応え十分!

『ナスライス®︎』

2022年
『三円小説』を執筆中の2020年に12kg太ってしまった。
そこで「低糖質ダイエット」に着目するも、野菜を使用した既存の〇〇ライスは、美味しく感じられず。実験を繰り返した結果、米に比べるとカロリー91%オフのナスに着目。
皮を剥き、刻んだナスを低糖質カレーと一緒に食す生活を続けた結果、10kg減量に成功!という自身の経験をもとに商品化。
ナスは、オール徳島産、工場も徳島県内。形が不揃いで廃棄されるナスを大量に使用でき、剥いたナスの皮もお茶として商品化、フードロスにも貢献。
安心で安全、環境にもやさしい、地元にも貢献できるという一石五鳥な低糖質ダイエット食が誕生した。
Form

地域プランナー・作家、
原田たけしの
『徳島発☆トクするメルマガ!』 登録フォーム

Mail Magazine
Registration Form

「三円小説」作者、絵本作家、そして故郷・徳島をこよなく愛する地域プランナー、原田たけし先生。
たくさんの顔をもつ原田先生は、自分とは「こんなもの」と決めつけず、常に新しいことに挑戦し続けています。
そんな原田先生独自の視座やネタの探し方は、ビジネスシーンにおいても、オルタナティブを見つけるヒントになるのではないか。
日々のストレスをほぐしながら、エネルギーチャージになるようなコンテンツを、メルマガを通じてお伝えしたい。
そんな思いから、「地域プランナー・作家、原田たけしの『徳島☆トクするメルマガ!』」と題したメルマガをご用意しました。
4月1日から”毎週月曜日”に配信中です。

原田先生が、今考えているホットな情報、メルマガでしか読めないとっておきの情報を、惜しみなく配信しています。
Q & Aコーナーでは、ビジネスや地域活性に関する相談も受け付けます!
もちろん、「三円小説」のこぼれ話の書き下ろしなど、作家としての活動についても掲載します。

お楽しみに。